通信制高校へ転入した後で後悔しないために知っておきたい事

SHARE

通信制高校へ転入した後で後悔しないために知っておきたい事

自宅で勉強ができる通信制高校への転入は、期待も多いですが不安もあります。

転入後に後悔しないためにはどうしたらいいのでしょう。

ここでは、通信制高校に転入して後悔する理由と解決策について解説します。

勉強の進め方がわからない

通信制高校に転入して後悔する理由として、勉強の進め方がわからないというものがあります。

通学制だと時間割があるため、自分でスケジュールを立てる事はありません。ですが、通信制の場合は自分で1日の勉強スケジュールを決めなくてはならないのです。

何から始めたらいいのか、どこまで勉強したらいいのか戸惑う人が多いのです。後悔しないためには、自己管理を日頃から意識する事が大切です。

得意不得意な教科について考え、バランスのいい時間割を考えておくと迷う事はありませんし、効率よく勉強できます。

この時、親は子供が勉強に集中しやすいように、できるだけ静かな環境作りを意識するといいでしょう。

ですが、やはり自分でスケジュールを立てる事が難しいというケースもあります。

そんな時には、サポート体制がしっかりしている通信制高校を選択する事も後悔しないためには必要です。

通信制高校によっては、生徒がいつでもチャットやメールで質問できる学校があります。不安になった時やわからない事をいつでも相談可能なため、精神的に安心できます。

入学を決める前には、どのようなサポートをしてくれるのか確認しておきましょう。

クラスメイトとの交流がないため孤独になる

通信制高校は全日制と違い、毎日の通学は必要ありません。

自宅にいながら勉強できるため、自由感もありますしリラックスして勉強できます。

ですが、通学日数が少ないためクラスメイトとの交流はほとんどありません。そのため、次第に孤独感を感じる人も多々います。

全日制と違い、仲良くなるタイミングがなかなかつかめないため、スクーリングに行っても楽しいと思えないのです。

通信制高校によっては、スクーリング日数が多いところもありますし、体育祭や文化祭などイベントが多い学校もあるので、積極的に選択するといいでしょう。

また、友達というのは学校だけで作るものではありません。アルバイトをしたり、ボランティアに参加する事で人との交流は広がっていきます。

ここで注意したいのは、本人が望んでいるかどうかです。

通信制高校を選択する理由のなかには、人間関係に疲れてしまったというケースもあります。周囲が強引に友達作りを勧める事で、更に心が疲れてしまいます。

友達作りについては、本人に任せる事が何よりも大切です。

スクーリング会場が遠い

通信制高校に転入して後悔する理由には、スクーリング会場への遠さを挙げる人もいます。

通信制高校は、家にいて勉強をするイメージが強いと思いますが、学校によっては月に数回はスクーリングといって登校して勉強する事があります。

教師と対面して授業を受けるため、わからなかった箇所について聞いたり、将来への不安を相談する事も可能です。

通信制高校では、いくつかのスクーリング会場を設けているため通いやすいところを選択します。

ですが、スクーリング会場が遠い場合は通うだけで大変です。

月に数回といえど、長距離の移動は肉体的にも精神的にも疲労してしまい、だんだんスクーリングが重荷に感じる事もあるのです。

通信制高校に転入して後悔しないためには、事前にスクーリング会場について調べておくのもいいでしょう。

無理なく通えるところを選択する事で、通学に対してストレスを感じる事もありません。

周囲の視線が気になる

通信制高校に転入した理由のなかには、周囲から感じる視線というのもあります。

通信制高校というのに対して、ネガティブなイメージを持っている人もいます。

そのため、人前で通信制高校に通っていると言えない人もいます。

特に、近隣に同級生が多数いる場合は恥ずかしいと感じる人もいます。

こういう時に大切なのが、親の言動です。

通信制高校を選択した子供に対して、親戚や近所の視線を気にするような発言をした場合。

子供はますます萎縮してしまい、転入した事を後悔してしまいます。

このままでは、子供のモチベーションが下がってしまい、学力にも影響が出てきてしまいます。

親は、子供が通信制高校を選択して良かったと感じさせる工夫を日頃から意識する事が必要です。

通信制高校について子供と一緒に話しをした時には、できるだけポジティブな言葉を選びましょう。

親が通信制高校に対して前向きな発言をする事で、子供は安心して勉強ができるようになります。

通信制高校に転入して後悔する理由について

通信制高校に転入して後悔する理由は、勉強方法や周囲の視線など人それぞれです。また、1人で悩みを抱えるケースも多々あります。

親は、子供がいつでも相談しやすいような雰囲気を日頃から意識的に作るようにするといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。